北海道でも沖縄でも…格安航空券で国内旅行を楽しむには?

航空会社にとって、一番のライバルといえば、JRの新幹線ということになるでしょう。出発地から目的地までの所要時間、そして料金において、どちらがメリットが大きいか…それは、両者の明暗を分ける要素ともなりえます。飛行機での移動はどうしても、都心部からは距離がある空港までの移動時間や搭乗までの時間など、不利な側面が多い中で、速く移動できるというメリットをどこまで生かせるかが大きなポイントとなるのです。

このような競争は、両者にとっては、会社の存続にも関わる一大事ではあります。しかし、利用する側にとっては、より自分にとってメリットがあるほうを選ぶことが出来る…つまりそれだけ選択肢が増えることにもつながります。

もし、国内旅行をするに当たって、飛行機を利用する場合、最近では料金面で非常に格安な航空券を購入することも出来るようになってきました。大手の航空会社は、例えば、出発日の何日前までに予約すれば、料金が安くなるといった、「特割」などのサービスを行っているところもあります。そして何よりも注目なのはLCC(格安航空会社)の存在でしょう。経費を徹底的に削減するとともに、機内サービスも有料化するなど、無駄を極力省いて、格安を実現しているものもあります。こういったLCCの登場によって、利用する側にとっては、より格安で国内旅行を実現できる可能性が高まっているのです。

さらに、旅行会社やインターネットなどでも、格安の航空券だけでなく、往復の航空券に1泊分の宿泊までプラスになって、セットで発売しているというケースもあります。格安の航空券に宿泊代までセットになることで、より格安を実現できるのです。これらを利用すれば、北海道や沖縄だって、通常では考えられないほど、リーズナブルな価格で、満足できる旅行を楽しむことが出来るでしょう。曜日や時期によっても、料金は細かく変動するため、国内旅行の計画を立てる際は、いつが安いかをしっかりチェックすると、よりお得に航空券を購入することが出来ます。