美味しい魚が食べたい!新鮮魚介類満載の国内旅行を楽しむ

日本国内には様々な名物や名産がありますが、日本人ならやっぱり美味しい魚が食べたいという方も多いのではないでしょうか?日本は四方を海に囲まれ、好漁場がたくさんあります。そして、新鮮な海の幸を堪能できる観光地もまたたくさんあるのです。もし、これから国内旅行を計画されている方、ぜひ日本の海の幸を味わう旅というのも計画してみてはいかがでしょうか?

新鮮な海の幸を味わうためには、例えば好漁場のある街や市場があるところを選んでみると良いでしょう。例えば、鮭やホタテやウニ、イカなど様々な海の幸が味わえる北海道。その道東の中心都市である釧路市には釧路和商市場があります。そこではどんぶりにご飯だけをよそってもらい、後は市場の中を歩き回って、好きな海の幸をご飯の上に載せていく、セルフスタイルの勝手丼が有名です。また、北海道の中心都市である札幌には、札幌市中央卸売市場があり、その場外市場でも北海道中の海の幸を味わえます。さらに夜景でも知られる道南の函館市の函館朝市では、とりわけ透き通るようなイカを贅沢に丼に載せた海鮮丼を堪能できます。

海の幸が味わえるのは北海道だけではありません。例えば、東京の築地市場では全国からの新鮮な海の幸がリーズナブルに味わえます。また、北陸は金沢では、やはり近江町市場。冬場はカニ、さらには富山名物のホタルイカなども堪能できます。さらに、南国・沖縄には第一牧志公設市場があり、ぐるくん、アバサーといった沖縄独特の魚介類がたくさんあり、購入すれば、それを調理してくれるサービスもあるため、観光客でも楽しめます。

この他にも全国津々浦々、海の幸が味わえる観光地があります。新鮮な魚介類は食感から違います。新鮮であるからこその美味しさ、しかも漁港から近いからこその驚きの安さ。リーズナブルであり絶品の海の幸を国内旅行でぜひ味わってみましょう。